ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 人権 > 広報掲載コラム > 人権コラム(令和5年8月号広報掲載)

本文

人権コラム(令和5年8月号広報掲載)

更新日:2023年7月26日更新 印刷ページ表示

~もしもの話~

 ホントにもしもの話。喧嘩をして相手を殺してしまった。問題は「殺意」があったか、なかったかである。あれば殺人、なければ傷害致死。心の中が見えれば分かるが残念ながら見えない。だが裁判所はそれを判断しなければならない。人が人を裁くとはまさにこういうことなのだ。私にも憎たらしいと思う人がいた。でも会うと「あ、どうも~。」とか言って愛想笑いさえした。でも心の中には「憎しみ」が確かにあった。心の中だけで判断するなら、私は有罪で、実際に人を殺しても「殺意」がなかった人は無罪だ。もちろん現実はそうはならない。私は無罪どころか何も起こらなかったことになるし、たとえ殺意がなくても殺せば重大な犯罪になる。
 チャップリンの映画「殺人狂時代」の「一人を殺したら殺人犯になるが(戦争で)多くを殺したら英雄になる。」というセリフを思い出す。いま世界中のいたるところで殺人や戦争が頻発している。殺意がなくても「殺人をさせられる」これが戦争である。私たちも無関係ではない。地球という惑星で同じ空気を吸って生きている仲間の話なのだ。仲間のために何かできないだろうかといつも思う。



                            四万十市人権教育・啓発講師 光内真也