ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政 > 市の計画 > 四万十市の計画 > 四万十市建設工事改善計画が策定されました

本文

四万十市建設工事改善計画が策定されました

更新日:2022年3月28日更新 印刷ページ表示

四万十市建設工事改善計画について

 四万十市の建設業は、広大な市域に広がる河川・道路等のインフラを整備やメンテナンスする「担い手」であると共に、災害時には市民の安心・安全の「守り手」として、市民生活や地域経済を支える大きな役割を担っています。

 しかしながら、少子高齢化の進展やこれまでの長年にわたる公共事業費の減少などにより、従業者の減少や高齢化、若年入職者の減少といった構造的な問題が生じています。

 また、経営規模の小規模化や施工力の低下なども見られ、ここ数年、本市の発注工事の約3割が入札不調という状況で「市民の安心安全の確保」や「活力ある地域づくり」に必要な工事にも深刻な影響を及ぼしているほか、再入札等による事務の増加に伴い行政コストの増加にも繋がっています。

 更に、建設工事の担い手不足は、インフラのメンテナンスや近い将来確実に襲ってくる南海トラフ地震といった大規模災害への対応にも大きな支障となるなど、市民生活や本市の防災対策にとって看過できない様々な問題が生じてきます。

 このため、本市建設工事における課題を明確化し改善策を講ずる「四万十市建設工事改善計画」を策定し、建設業を取り巻く受注環境の改善と併せ、将来にわたる公共工事の品質と担い手の確保等に取り組みます。

四万十市建設工事改善計画

001

四万十市建設工事改善計画 [PDFファイル/3.39MB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)