1月から2月にかけて、四万十市スポーツ少年団協議会の異種目交流大会を実施しました。
 これらの大会は、四万十市スポーツ少年団協議会が主催し、各団体が普段とは違う種目で競い合う中で、 特定の種目に限定されないしなやかな心と体を作り、友達の輪を広げることを目的としています。
取材・撮影 2014/1/13,2/1

●第24回四万十市スポーツ少年団対抗つなひき大会

 1月13日(月)につなひき大会が安並スポーツセンターで開催され、4団体から12チーム71人が参加し、選手6人が 力を合わせて、全力で綱を引き合っていました。チームメイトや保護者の応援にも力が入り、勝負に一喜一憂するなど、 参加者たちが交流を楽しんでいました。

【成績】
  優 勝 中村柔道スポーツ少年団A
  準優勝 東山ボーイズA
  第3位 中村柔道スポーツ少年団B

●第24回四万十市スポーツ少年団対抗駅伝大会

 2月1日(土)に駅伝大会が後川堤防で開催され、4団体から8チーム48人が参加し、後川堤防を2周するコースで 競い合いました。
 この日は、暖かく絶好のコンディションで、選手6人が1本のたすきをつなぎ、チームメイトや保護者の応援を受けて 全員が見事に完走しました。
 結果は、中村JAC Aが大会新記録で見事に優勝しました。

【成績】
  優 勝 中村JAC A
         23分56秒(大会新記録)
  準優勝 中村JAC B
  第3位 東山ボーイズ A


ホーム
戻る