1.西土佐地域の報告

 

竹村光一委員(半家・長生地区:担当)

8/15速報

13日に雨が少し降ったが、潤うほどではない。

水稲・・・中稲で、今のところは、順調に育っているが、このまま雨が降らないと、危ない。水取りに翻弄している。

例年は、9月上旬にする消毒を、今年は今度の日曜日(18日)に一斉にすることにした。(2週間くらい早い)雨が少ないので、虫が早く出だす。

野菜等についても、今の所問題は無い様だが、このまま日照りが続くとダメになる可能性がある。

9/5追加報告

今年は稲の穂の虫が出始めるのが早かった。通常9月頃に集落協定の方で一斉防除をするが、速報のとおり今年は8/18に一斉にやった。

その後、心配された雨も降り、ここ2.3日は雨も降って良い状態になった。このまま行ってもらいたい。

 

☆長ア正記委員(薮ヶ市・須崎地区:担当)

8/15速報

13日に雷雨があったので、一段落持ち直した。

水稲・・・まだ穂が出ていない。(10月に入ってからの収穫)

820日位から インゲン豆の種まきを開始(ロックウール水耕栽培・・谷の水を使用)

9/5追加報告

うちの方では直払の方(制度)で一斉防除をやっている。今年はこの日曜日

9/8)に15町歩を13人で一斉防除に取りかかりる予定。

 自分は水路の当番をしており、あれから雨も降って水もどうにかなっている。

昨日はなかなかの雨が降り、水も余る程になったが、如何せん。大雨で水源が砂利で埋まっており、自分はその溜った砂利除けの作業に追われた。

 

☆安藤久徳委員(本村・中組・権谷・押谷:担当)

8/15速報

13日、14日、15日と一時間位雷雨あり。  

川も濁るくらい降ったので、水量も元に戻った。

水稲・・・早稲は稲刈り終了。昨日刈り終わってからの雷雨となったのでラッキーだった。

いつもの年より収穫量があった。

9/5追加報告

昨日の大雨で水路が埋まっているので日曜日(9/8)に出役で砂利除けをする。

あれほど「暑い。暑い。」と言っていたのに、昨夜から今朝に掛けて17℃と下がっている。ちょっとこれは下がりすぎではないかと逆に心配している。

 

☆岡村英幸委員(大宮下・大宮中・大宮上地区:担当)

8/15速報

13日に少し降ったが(水不足)

たね(谷)に水がなく、稲は干せている。

早稲は、通常月末に刈り取るが、枯れかけたので刈り取った。

収穫は少ない。中稲はこのまま雨が降らないと、どうにもならなくなる。

9/5追加報告

事務局から電話をもらった時にはどうにもならない状態だった。

雨が降ったので今では水の心配はなくなった。あれから雨が降ったのでどうにかやれている。

中稲の本番がこの20日頃であり、地域の収穫分が集まってくるが、それに期待している。

早稲は盆前に刈った。「若干収穫が少ないなぁ。」と言う感じ。

 

☆山ア一二三委員(宮地・奈路・館・用井地区:担当)

8/15速報

飲み水の危機→方の川(江川崎地区)は単独で節水の呼びかけを始めた。一ノ又は給水車が入っている。

サトイモ・メアカ等の芋類は全滅に近い。地区の農作物はオクラ、シシトウ、ナスなどであるが、水不足で大変危ない状態。

稲作については、自分は早稲で日照りになる前なので大丈夫(未だ刈っていない)だったが、遅稲のところは川から揚げる水すらないので、みな困っている。

9/5追加報告

この2.3日で水の心配はなくなった。

「日本一暑い。」ということで凄く名前が売れて、自分も各広報のお手伝いをさせてもらった。色んなところから取材があり、信じられないことに、中には「日照りで割れたような田はないか。あれば連れて行ってくれ。」というようなのも・・・、本当に大変な夏であった。

 

☆土居忠栄委員(岩間・中半地区:担当)

8/15速報

中稲の水が心配。入院中なので、頼んで管理してもらっているが、1314日の雨があったかどうかもわからないし・・・ 入院はもう一ヶ月位になりそう。

 

☆新玉年一委員(橘・津野川・津賀地区:担当)

8/15速報

晩生の稲に川からポンプアップで水を上げている。10人で共同ポンプを利用している。米ナスにも、川からの水をかけている。

9/5追加報告

米ナスにも谷川の水が全然なくなり、川からの水をかけている。その川から吸い上げる水については「水のばいやい。」にもなった。

8/27日の夜に急に雨が降って、地区にある“日本一のモミの木(幹回りの大きさ日本一)”が倒れた。

“一つの日本一”がなくなった。

 

新玉様のモミの木

http://www.city.shimanto.lg.jp/kanko/i-menu01-3.html



ホーム
戻る