8月4日(日)、第19回四万十川水泳マラソン大会が開催され、 全国から集まった452人のスイマーが清流四万十川の5キロと3.5キロの二つのコースに挑みました。
取材・撮影 2013/08/04

 この大会は、参加者の方々に大会を通じて自然保護の大切さを実感していただくとともに、市勢の活性化を図ろうと、 四万十市体育協会の主催で、当協会の加盟団体や市民ら総勢220人のボランティアにご協力いただきながら毎年開催しています。
 また、毎回、参加料の一部を「四万十川清流保全基金」に寄附していただいており、四万十川の清流保全に大きく貢献している 大会となっています。
開会式の様子
選手宣誓:伏見政子さん(北海道) 清流保全基金へのご寄附:藤田行宏さん(鹿児島県)

 開会式が終わると、5kmと3.5kmの2つのコースに分かれ、スタート地点である佐田沈下橋(5キロ)、 入田(3.5キロ)までバスで移動。
 そしてゴールの「赤鉄橋」を目指して一斉にスタート。
 今年は水量が少ないためスタート直後から走り出す選手もいましたが、深さがある急流では気持ちよさそうに下っていました。

スタート地点(5キロ)の様子

 ゴール手前の赤鉄橋付近では川の流れもゆるやかで、思うように進まず悪戦苦闘。


ゴール手前(赤鉄橋下)の様子

 それでも仲間の声援に支えられ、最後の力を振り絞ってゴールしていました。


ゴール地点の様子

 表彰式では、各コース、男女・年代別1位〜3位までと敢闘賞4名が表彰されました。




表彰式の様子

◎第19回大会入賞者等


ホーム
戻る