取材・撮影 2013/07/05


 旧農業者年金は平成14年に終了しましたが、農業委員をはじめとする農業者のみなさんからは、どうやら、 納得した形での終了とは、言えるものではなかったようです。
 そのためか、新たに始まった農業者年金への加入者数も一向に増えない現状でした。 「新しい年金について勉強もしちょかな、良いも、悪いも言えんから・・」と言うことで、 今回は各委員からの要望により農業委員を対象とした農業者年金勉強会が実現しました。

 当日は高知県農業会議(チーフ)の柳本裕隆氏を講師にお招きし、「農業者年金の仕組みと政策支援について」の 貴重なお話しを頂きました。
 県内を飛び回っている大忙しの柳本チーフ。昨年に続き今回も時間を割いていただきまして、本当にありがとうございました。
講師:高知県農業会議(柳本裕隆チーフ)
「ほんとにお得な年金です!!」

 「どれだけ掛けたらどれだけ貰えるのか・・・試算したものがほしいですね!!」

 「前の年金の時は・・・」

 「60歳からの受給はどうなるの・・・」

 「今の説明でちょっと・・・」

 四万十市では山ア一二三委員(江川崎)が農業者年金加入推進部長として頑張っています。
「去年に引き続き、今回の勉強会も成功でした。
 これからも農業者年金の加入者増加に向けて頑張っていきますので、皆さんよろしくお願いします!! 」
山ア一二三委員

ホーム
戻る