東日本大震災の被災地支援のため、四万十市から新たに職員2名を追加派遣することとしました。

 


 

取材・撮影:2011/3/29、4/4


 下水道マンホールの調査のため、都市整備課より技術職員1名を宮城県山元町〜名取市へ追加派遣しました。


 派遣期間は3月28日から4月3日までの7日間で3月28日(月)、市役所応接室にて出発式を行いました。


 また、避難所での健康チェックや健康相談、避難所の衛生対策、地域の家庭訪問など、被災者の生活に関わるサポートを行う目的で保健介護課より保健師1名を宮城県南三陸町へ派遣しました。


 派遣期間は4月5日から4月11日までの7日間を予定しており、4月4日(月)、市役所応接室にて出発式を行いました。

 出発前に市長と並んで撮影。

 一刻も早い復旧、復興を願いながら、現地に赴く職員を見送ります。

ホーム
戻る