12月23日に第42回読売中村ロードレースが行われました。

 

 


   写真

取材・撮影:2010/12/23


 このレースは、仲間づくりとスポーツを楽しむことにより、住民の体力向上と健康管理を目的に昭和44年から開催しています。

 今年も愛媛県や高知市、須崎市などから299人の申込があり、12月19日の第18回全国中学校駅伝大会女子の部に出場した県立中村中学校の選手を含む245人が、安並運動公園をスタートし、3km、5km、10kmの距離で健脚を競い合いました。


  当日の朝10時のスタート時には、気温が12.7℃と前年より6℃ほど高い条件でしたが、暖かい日差しの中、ランナーは元気よくスタートしました。

 


 今年の大会は、これまでになく好記録のラッシュとなり、小学女子の部では初めて11分を切る10分52秒の大会新記録が生まれ、その他でも中学女子1年の部と高校女子・一般女子の部で大会新記録が生まれました。

入賞者名簿


ホーム
戻る