平成17年度からスタートした県の「協働の森づくり事業」では環境先進企業・市町村・県の間でパートナーズ協定を締結し、「森林の再生」と「交流の促進」などの取り組みを行うことで、森林の健全化を図っています。


四万十市NSESの森で交流  11月20日(土)
 
  NSESの森は、平成21年8月7日に日鉄環境プラントソリューションズ(NSES)と高知県、四万十市で協働の森パートナーズ協定を結んだ森林です。
 11月20日(土)、このNSESの森で、NSES社員64名を迎え、体験間伐を行いました。ノコギリでの間伐は始めての体験という社員が多く、地元しまんと黒尊むらや幡多林業事務所、林業事業体の方々の指導のもと、19年生のヒノキを一緒になって切り倒しました。
 また、NSESの協賛金を活用し、本年10月には6.6haの除間伐も実施しました。
                           NSESの森 http://nsesnses.blog70.fc2.com/

 


協働の森 パートナーズ協定締結  11月24日(水)
  11月24日(水)、名鹿に事業所を置く株式会社清流メンテナンス(本社:大阪府)および西土佐茅生に事業所を置く浅野環境ソリューション株式会社(本社:東京都)それぞれと高知県、四万十市でパートナーズ協定を締結しました。
  株式会社清流メンテナンスは、「河川、海、そして人・・・ 自然と暮らしの場を見守る環境企業」という企業理念のもと、昭和59年から衛生センター中村の管理業務を行っています。また、浅野環境ソリューション株式会社は、「明るい未来の環境づくり」という企業理念のもと、平成15年からクリーンセンター西土佐の管理業務を行っています。こういった本市とのご縁もあって今回協力いただくことになりました。今後は企業からいただいた協賛金を活用して間伐等を行い市有林の健全化を図ります。
  これらの協定による「森林の再生」と同時に清流メンテナンスおよび浅野環境ソリューションの皆さんとの息の長い交流が図られることを期待しています。

(左から 田中市長、清流メンテナンス福井保社長、尾ア県知事)

(左から 田中市長、浅野環境ソリューション島卓司社長、尾ア県知事)
 
株式会社清流メンテナンス
浅野環境ソリューション株式会社
名 称 「清流の森」
「アサノ Eco 〜 木漏れ陽の森」
場 所
     西土佐半家(市有林)
西土佐岩間(市有林)
面 積     約66.5ha 約43.6ha
期 間

平成22年11月24日〜平成27年11月23日(5年間)

平成22年11月24日〜平成25年11月23日(3年間)


ホーム
戻る