4月5日(日)に石見寺山市民ハイキングが行われました。

 これは、四万十川リバーサイドフルウォークが20回を迎えた記念イベントで、17人の参加がありました。
 ハイキング写真

 ●フルウォークの記事はこちら

取材・撮影:2009/4/5


  一行は、前日の雨のためつるつる滑る坂道に緊張しながら頂上目指して出発しました。


 滑る坂道は、足の腹に力をいれると良いそうです。
 つま先に力が入ると、滑ってしまいます!


 ハイキングの引率は、「中村山の会」会長の田中さん、中山さん、高橋さんです。


 途中の看板にも、励まされます。

 石見寺山登山道には、四国霊場88カ所を模した「ミニお四国」の石仏があります。

 山を登る私たちを優しく見守る心の「杖」になってくれます。

 身も心も軽やかに登る子どもたちに感心しながら、引率者の的確なアドバイスに助けられ1時間20分で頂上に到着しました。

  頂上の丸太の展望台に上がると、箱庭のような小京都の町並みがあり、その先に春霞の山々やのどかな田園風景が見渡せます。

 大河四万十川がゆったりと太平洋に注ぎ込む景色を皆さんもながめて癒されてみませんか?

 無料の「くじらの見える望遠鏡」あります。

 頂上での写生大会。

 さっさと書き上げて遊び始める子や、のんびりとスケッチする子も・・・

 帰り道は、楽そうでいてなかなか足にこたえます。

 無事ハイキングが終了。

 昼食のカレーライスがとってもおいしいです。

 午後は、「紙飛行機大会」で楽しみました。

 自分で作った紙飛行機を、スポーツセンター2階の観覧席からアリーナへ向けて飛ばします。

 優勝は、20m16p飛ばした小松 賢君でした。

ホーム
戻る