1月25日(日)文化財防火デーと、それにあわせた文化財めぐりを行いました。

取材・撮影:2009/1/25


 文化財防火デーは昭和24年1月26日に法隆寺金堂でおきた失火を機に、全国で一斉に文化財の焼損を防ぐために点検や確認を行う行事です。

 当日は、文化財めぐりの参加者16人と消防や寺社関係者、専門家の皆さんの協力のもと、文化財を所有する寺社での防火設備の点検が行われ、不破八幡宮では火災報知機に連動するポンプを作動させ放水訓練が行われました。

 また、真静寺(有岡)では、一条房基や長宗我部元親の書状など貴重な史料を特別に見学させてもらいました。

ホーム
戻る