1月12日(月・成人の日)に、第19回四万十市スポーツ少年団対抗つなひき大会が市民スポーツセンターで行われました。

 つなひき大会

取材・撮影:2009/1/12


  恒例となったこの大会は、四万十市スポーツ少年団協議会の主催で、各団体で行う種目でない種目を行う異種目交流を行い、特定の種目に限定されない、しなやかな心と体を作り、友達の和を広げることを目的に行われています。

 今回は四つの団体、計15チーム110人が参加して行われました。


 試合は1チーム6人で戦います。相手を4m引っぱったら勝ちです。

  まずは四つのブロックに分かれてリーグ戦による予選を行いました。

 その後、予選結果によって上位12チームが三つのトーナメントに別れ、全てのチームの順位を決めました。


  学年や体重などでのクラス分けがないので、チームの体格によって力の差が歴然と言った対戦もありました。

 例えば高学年の多いチームと、低学年主体のチームとの対戦では、低学年チームが勢いよく引っぱられ飛ぶように滑っていく場面もしばしばありました。


  また力の均衡した対戦ではなかなか勝負が着かず、1分を超えるような力の入る試合もあったり、中にはシューズを履いてたら勝てないといって冷たい体育館の床で裸足になる選手や、選手より応援の保護者に力が入って熱い声援を送るなど、大会は大いに盛り上がりました。

大会結果

1位:中村柔道スポーツ少年団A
2位:中村柔道スポーツ少年団B
3位:中村少年サッカークラブA
4位:東山ボーイズA
5位:中村スポーツ少年団A
6位:中村スポーツ少年団B
7位:中村柔道スポーツ少年団C
8位:中村少年サッカークラブB
9位:中村柔道スポーツ少年団D
10位:東山ボーイズB
11位:中村スポーツ少年団C
12位:東山ボーイズE
13位:東山ボーイズC
14位:中村スポーツ少年団D
15位:東山ボーイズD


ホーム
戻る