1月4日(日)、平成21年消防出初式が行われ、消防職員や消防団員ら約420人が参加しました。

取材・撮影:2009/1/4


  新春恒例のこの出初式は、「消防団員の士気の高揚」、「指揮統率および現場規律の徹底」、「機械器具および操作の熟知」、「消防団員相互の信頼と親睦」を目的に毎年行われています。

 まずは、市長や分団長らが見守る中、一条通をはしご車やポンプ車など31台の消防車両がパレードしました。

 パレードが終了すると、そのまま安並運動公園に移って優良消防団員などの表彰や人員・機械器具点検などを行いました。

 その後、安並水車の里公園でポンプ車25台による一斉放水披露が行われました。
集まった観客は約270mも続く水のトンネルに歓声をあげていました。

 

 これからの時期は風が強く空気も乾燥しているため、火の取り扱いには十分注意しましょう。

ホーム
戻る