1月3日(土)四万十市成人式が中村、西土佐両地域で行われ、合わせて331人が大人への門出を祝いました。

 また、昨年の12月28日(日)には、トンボ自然公園で成人式の記念植樹が行われ、新成人17人が参加しました。

取材・撮影:2008/12/28、2009/1/3


 植樹したのは陽光桜の苗2本。

 成人式の記念植樹は、毎年市内各地に行っていて、今回はトンボ公園に植樹しました。

 陽光桜を植えた後は、記念の杭を打ち込み、みんなで記念撮影。

 新成人のみなさんは、「この桜と一緒にこれからも成長していきたい。」と話し、感慨深そうに桜の木を見つめていました。

 植樹写真

 中村地域の成人式は市立文化センターで午後2時から行われ、男:145人、女:149人合わせて294人の成人が出席しました。

 会場の前には受付開始の1時間ほど前から新成人の姿が見え始め、久しぶりの友人との再会を喜んだり、晴れ着姿を写真に収めたりと、開式直前まで大いににぎわっていました。

 式では、まず新成人たちが生まれた年の出来事や、広報に掲載された自分たちのお誕生の記事、そして各中学校の卒業アルバムの一場面が編集されたビデオが上映され、自分たちが生まれたころの出来事に感心したり、自分の卒業した中学校が映し出されると歓声を上げたりと、会場を沸かせました。

 その後、市長、議長の祝辞、謝辞と式典が行われましたが、新成人たちは私語もなく、静粛で気持ちのいい成人式となりました。

 例年中村地域の成人式は成人の日の前日に行っていましたが、昨年実施したアンケートで、正月に行ってほしいとの回答が半数を超え最も多かったことから、今年は1月3日の開催となりました。

 中村会場写真


○新成人からのコメントを紹介します。

東山小 おさななじみ三人娘

「心はまだ中学生!」 岡山 萌美(めぐみ)さん
「自立します!」   宮川 さくら さん
「将来に向かってがんばります!」 和田 茉美(まみ)さん

 皆さん学生生活を今以上に充実させたいとのことでした。「お父さん、お母さんよろしくお願いします」


中筋中 仲良し同級生

「社会人として立派になりたいです。」 高橋 剛志(つよし)さん
「これからが楽しみです!」 国見 健太郎 さん

 いつまでも変わらぬ友情をはぐくんでください。


 西土佐地域では西土佐ふれあいホールを会場に、西土佐連合青年団(団長:山中康世さん)の企画・運営により、対象者46人のうち37人の新成人を迎えて盛大に開催されました。

 式典では、はじめに新成人一人ひとりが演台に進み出て自己紹介を行い、それぞれ近況報告のほか夢や就職先のPR、友人への思いをユーモアたっぷりに語り会場を盛り上げました。

 その後、中学校時代の恩師からの当時を振り返った心温まる祝辞や、ご家族代表による激励の言葉などが新成人に送られ、新成人からは代表による決意表明と交通安全宣言が行われました。

  また、新成人たちの幼少時代からの写真やビデオを編集したスライドが上映されると、観覧席からも笑いや歓声がおこりました。

 お楽しみクイズ大会では、6つのグループに分かれ四万十市にちなんだ難問クイズに挑戦しました。新成人たちは力をあわせて、資料を調べたり親に電話をしたりして答えを探し、みごと全グループが景品をGETしました。

 西土佐会場写真


ホーム
戻る