10月8日(水)、市立中央公民館で、もぐもぐモーニング講座が開催されました。

 

取材・撮影:2008/10/8

 もぐもぐモーニング講座は、次世代を担う子供たちや若い世代に、朝食の摂取やバランスのとれた食生活の大切さを理解してもらうことを目的に、四万十市食生活改善推進協議会が行ったものです。

 今回の講座は、四万十市教育研究会特別支援教育研究会研修会も兼ねての開催ということで、参加者は市内の小中学校の特別支援学級の児童、生徒たちです。

 調理したメニューは、かぼちゃの蒸しパンと、にんじん入り蒸しパン、小松菜ケーキ。

 今回は、特別支援教育で取り組めるメニューということで、朝食というよりはおやつのメニューでしたが、野菜を使った健康的なメニューでした。

 子供たちは、先生や食生活改善推進協議会のメンバーと一緒に、集中して料理に取り組みました。そして出来上がった蒸しパンをみんなでおいしく試食しました。


ホーム
戻る