7月8日(火) 東中筋中学校生徒が地区内の商業施設(クアライフ四万十)のシャッターに絵を描きました。

取材・撮影:2008/7/8


 「閉まったままのシャッターに絵を描いて明るくしたい。」と施設側が近所の東中筋中学校に依頼。

 東中筋中学校側も「授業と思い出作りを兼ねて」と快諾し、 今回の製作となりました。

 描く絵の題材は、 「山・川・空」をテーマとし後は生徒におまかせ。

 生徒たちが描いた絵は、四万十川をイメージした大自然に、施設のマスコットキャラクター(名前募集中?)が乾杯しているというとてもユニークで楽しいものとなりました。

 今回絵を描いてくれたのは3年生10名全員。

 とても1日で描ける大きさではなく、この日で4日目。「何とか今日で仕上げよう」と皆で掛け声をかけてスタート。


 途中で何度も後ろにさがって全体のバランスを確認したり、美術の先生からアドバイスを受けながらなんとか完成しました。

 最後に一人一人それぞれが名前を書いて記念撮影。

 施設の方も「店が明るくなった」と大喜び。3年生も良い想い出になったことだと思います。 

ホーム
戻る