8月5日(火) 市立中央公民館にて第27回四万十市民大学が開講しました。

 

取材・撮影:2008/8/5


 澤田市長の挨拶の後、早速第1講座の開始です。

  四万十市民大学では、聴覚に障害のある方にも受講していただけるよう、(社)高知県聴覚障害者協会 の協力で手話による同時通訳を行っています。

 


 第1講座の演題は、「伝次郎君の夢 ― 幸徳秋水の考えたこと」。

 講師は、大学教授の山泉 進先生。

 山泉先生は本市出身で、幸徳秋水の研究でも有名な方です。


 今回の第1講座は、写真のように用意した席がほぼ満席になる盛況ぶりでした。

 次回講座は8月9日土曜日です。そして9月18日の最終講座まで、全6講座を開催します。

 内容、料金等詳しくはこちらをご覧ください。


ホーム
戻る