7月21日(月) 月曜日とは言っても、「海の日」で休日のこの日、安並の四万十スタジアムで、今年2回目となる四国・九州アイランドリーグの公式戦が行われました。

 この日のカードは、高知ファイティングドッグス vs 香川オリーブガイナーズ。

 前期優勝チーム(香川)と2位チーム(高知)の対戦という好カードでした。

取材・撮影:2008/7/21


 12:00の開場からお客さんが少しずつ入り始めます。

 多くが市内や県内からの高知ファイティングドッグスファンですが、香川から遥々応援にやってきた香川オリーブガイナーズファンもいました。

 試合開始は14:00ですので、それまで観客は練習風景を楽しんだり思い思いにすごします。

 試合開始1時間ほど前になると、各チームのキャラクターも現れます。

 写真は高知ファイティングドッグスのキャラクター「ドッキー」が子どもたちと遊んでいるところです。


 スタジアムに入るとすぐに目に付くのが、「これ」。

 座布団です。スタジアムの椅子は硬いので、これで少しは快適に観戦できます。


 14:00になり試合開始です。

 両チーム全員の紹介のあと始球式が行われました。

 始球式のピッチャーを務めるのは山本広明高知県議会議員です。
 始球式での議員のピッチングは見事で、ちゃんとストライクだったのではというものでした。


 この日の観客数は公式サイトによると290人。

 多いとは言えませんが、バックネット裏の屋根のある部分の席は結構人で埋まっている状態でした。


 試合は、3回までは両チーム無得点でしたが、4回表に香川が一気に4点を先制。

 6回に高知も1点を返しますが、結果は1-13で高知の惨敗という結果に終わってしまいました。

 詳しい試合結果は四国・九州アイランドリーグ公式ホームページにてご覧いただけます。


 1塁側、高知の応援です。

 暑い中みんな一所懸命応援しました。


 3塁側、香川の応援団。

 トランペットと太鼓を使った本格的な応援でした。


 バックネット裏の観客も、応援するチームにヒットが出ると、立ち上がって歓声を上げ、逆にアウトをとられたりすると落胆の声を上げたりと、野球を思い思いに楽しんでいる様子でした。

 この試合では「中村スポーツ少年団」の子どもたちがボールボーイを勤めました。

 普段から野球をやっている子どもたちだけあって、きびきびとした動きでボールやバットの片づけをこなしていました。

 高知ファイティングドッグスの試合は、野球チームに所属する小中学生を、そのチームのユニホームを着用することで無料招待しています。


 球場の外に売店がないと思ったら、売店はスタンド内に設置されていました。確かにこの方が飲み物など買いに行き易いですね。

 この日の中村の最高気温は33.2℃。
 この暑さも手伝って、売店では飲み物とところてんが大人気。
 私も食べてみましたが、とても美味しいところてんでした。

 写真上は大忙しでところてんを作っている所。

 下はオリジナルのホットドッグです。ホットドッグは3種類、どれを選ぶか迷うところです。

 こんな風に美味しいものを食べながら、という野球観戦の楽しみ方もあります。

 今シーズンは四万十スタジアムでの試合はありませんが、来シーズンは是非出かけてみてはいかがでしょう。

 


ホーム
戻る