7月20日(日)、下田で水戸柱(みなとばしら)神社の夏祭りが行われ、太鼓台が町を練り歩きました。

 

取材・撮影:2008/07/20


 この祭りは毎年行われていますが、いつ始まったのかは地元の人たちも詳しくは分からないそうです。

 江戸時代から行われているという説もあり、農作物の豊作や貿易船の安全の祈願を目的として始められたと言われています。

 出台前に、太鼓台の四隅とてっぺんに塩を盛り、その上からお酒をかけていました。

 誰も怪我しないようにと願掛けの意味を込めたお清めの儀式で、出台には危険がつきものなので毎年欠かさず行っているとの事です。

 出台の時間になると、太鼓が打ち鳴らされ、歌い手に先導されながら太鼓台が出発しました。太鼓台は大人用と子供用の2つがあり、大人用の重さは約1.5トンもあります。

 肩が真っ赤になりながらも、炎天下の中太鼓台を担ぎ続けていました。

 太鼓台の中の様子です。太鼓台が激しく動き回る中、バランスを崩す事無く太鼓を叩き続けます。

 休憩中も太鼓の音が鳴り止む事は無く、約8時間、下田の町に鳴り響き続けました。


 歌い手が「回れ回れー!」と叫ぶと、太鼓が「ドドドドドド!」と激しく打たれ、太鼓台は一気に回り始めます。しばらく回した後、太鼓台を更に持ち上げ、頭上に掲げると観客から拍手が沸き起こりました。

 天高くそびえる太鼓台とそれを支える男性陣の姿は壮観で、観客も「この瞬間は毎年見とれる」と話してくれました。
 
 下田の太鼓台は8月2日(土)の「しまんと市民祭」にも参加予定となっています。下田の男衆による激しいパフォーマンスを市民祭でぜひご覧になって下さい。

ホーム
戻る