6月22日(日)、四万十スタジアムで四国・九州アイランドリーグ公式戦「高知ファイティングドッグス」対「愛媛マンダリンパイレーツ」の第6・7回戦が行われました。

 

取材・撮影:2008/06/22


 この日はダブルヘッダー。

 2位の高知ファイティングドッグスと3位の愛媛マンダリンパイレーツは0.5ゲーム差で、結果次第では順位が入れ替わる大事な試合です。

 スタジアムには両チームの応援団が駆けつけ、高知ファイティングドッグスの応援団はドラム、愛媛マンダリンパイレーツの応援団はトランペットを演奏しながら、それぞれチームを盛り上げていました。

 試合前の練習風景。両チーム共に真剣な顔で練習に取り組み、この一戦にかける意気込みが感じられます。

 練習が終わると四万十川キャンペーンレディによる花束の贈呈、中平副市長による始球式などが行われました。

 いよいよプレイボール!しかし試合が始まったのもつかの間、激しい雨が降り試合が一時中断されます。

 中断の間両チームの選手は、お互い協力しながらビニールシートを敷いていました。雨はすぐに止み、この後は中断することなく無事に試合が行われました。


 3回表、2アウトから内野安打と四球2つで満塁となり、愛媛マンダリンパイレーツに最初のチャンスが訪れます。

 観客がドキドキしながら見守る中、ここは投手が踏ん張り、高知ファイティングドッグスが無失点で切り抜けました。

 その裏、大西選手が2ランホームランを放ち、高知ファイティングドッグスが先制します。

 その後も高知ファイティングドッグスは着実に点を重ね、ダブルヘッダー第1試合を6-2で制しました。

 30分後には第2試合が行われました。午後からは更に観客が増え、応援にも熱が入ります。

 高知ファイティングドッグスが初回に8点を奪う猛攻を見せ、13-2で連勝しました。

 この結果、高知ファイティングドッグスの2位が確定しました。

 7月21日(月・海の日)にも、四万十スタジアムで高知ファイティングドッグスの試合が行われる予定です。

 ぜひスタジアムに足を運び、高知ファイティングドッグスを応援して下さい。

ホーム
戻る