平成19年9月1日より、四万十市と土佐清水市の境に位置する葛篭山にある中村中継局からの地上デジタルテレビ放送が開始されました。

 ということで、市の地デジ担当課である企画広報課でもその受信に挑戦してみました。

2007/10/19


 企画広報課にあるテレビは、当然のことながらアナログ放送用のテレビですので、まずチューナーを購入しました。

 左の写真がそのチューナーです。値段は2万円弱で、現在入手可能なものとしては最も安い部類に入ります。

 しかし安いだけのことはあって、地上デジタルのみ対応で、BSデジタル等は見られませんし、買ってから判明したのですが、データ放送にも対応していない仕様でした。

 このようなチューナーは市内の電器店ではあまり見かけませんが、ホームセンターではちらほら見かけますので興味のある方は探してみてください。大きさはかなりコンパクトです。


 市役所は羽生山の陰になるため、これまでは佐岡の中継局からの電波を受信していましたが、今回は中村局から受信しないといけないので、アンテナの方向をぐいっと南の方に向けます。

 左がそのアンテナの写真です。いつから使っているのかわかりませんが、かなりくたびれています。

 果たしてちゃんと受信できるか、かなり不安です。


NHK総合(28ch)の受信状態
NHK教育(29ch)はもっと悪い状態でした。

 アンテナとチューナー、チューナーとテレビを接続したら設定の開始です。

※デジタル放送の機器はb-casカードを必要としますので、この登録も必要です。

 チャンネル設定は設定メニューから自動設定を選択するだけでした。殆どのチューナーが同じような手法だと思われます。

 左が設定後に受信のレベルを表示した画面です。この画面を見ながらアンテナの向きの調整ができそうです。

 ということでアンテナの向きの調整をして見ますが、NHKとNHK教育しか受信できない上、この二つも受信レベルが低くまともに見られないといった状態です。

 調べてみるとUHFアンテナには種類があって受けられる周波数に制限があるものがあるのだそうです。

 佐岡局からの電波は高い周波数だけだったため、高い周波数帯用のアンテナを使っていたようです。

※中村局のチャンネル等はこちらでご覧ください。


高知放送(25ch)の受信状態

 このままでは一向に地デジは見られないので、アンテナも購入しました。

 13〜62ch対応の20素子というちょっと大きめでいっぱい受信できそうなアンテナです。

 市内のホームセンターで6千円弱で売っていました。

 左が設置した状態。

 この際、前のアンテナよりも1mほど高い位置に付けてみました。


HNK教育(29ch)

 アンテナ交換後の画面です。

 受信レベルも上がったし、なによりちゃんと見られます。

 前のアンテナでは受信できなかった25chも受信できています。

 この画面での受信レベルは低いようですが、テレビ放送の画面は何の問題もなくくっきりと映っています。

 その他のチャンネルも全部きれいに見られるようになりました。


 今回試しにアンテナを、佐岡局と宿毛平田局にも向けてみました。

 すると受信レベルが足りずに放送を見ることはできませんでしたが、電波は受信できていました。

 佐岡局方向からは中村局の電波が反射した電波が届いているのかも知れません。

 増幅器を使用することで佐岡局方向や宿毛平田局からの受信により視聴可能かも知れませんので、中村局を受信できない場合は検討してみてください。

 なにより、うまく受信できない場合は、電気屋さんに相談するのが賢明かも知れません。


高知放送(25ch)

 テレビはアナログ放送用ですが、やはり地デジはきれいです。明らかに鮮明な映像です。

ホーム
戻る