協定を結んで握手を交わす澤田市長(右)と相良学長

四万十市と高知大学が連携事業に関する協定を締結

 本市と高知大学は平成19年6月5日、相互に連携し地域の活性化と振興に寄与することを目的として、連携事業に関する協定を締結しました。

 県内の自治体で河川・汽水域を連携の柱とするのは初めてのことであり、四万十川汽水域の環境保全や内水面漁業の振興事業などから順次取り組んでいきます。


 協定書に署名する澤田市長


 このたびの協定の締結を機に、高知大学の知的資源を活用し、将来的には観光振興や農業振興などさまざまな分野で連携を図っていきます。

取り組む事業は次のとおりです。
 (1)四万十川・汽水域の環境保全に関する事業
 (2)内水面漁業の振興に関する事業
 (3)学術情報及び講師等派遣に関すること。
 (4)地域の発展及び創造に関すること。
 (5)高知大学の教育及び研究に関すること
 (6)その他目的を達成するために必要な事項


ホーム
戻る