春の交通安全運動実施中
 5月11日〜20日

 5月11日交通安全メッセージの伝達式が行われ、中村警察署一日署長の迫田聡美さんから市長にメッセージの伝達が行われました。

撮影・取材:2007/5/11


 昨年の県下の交通事故死者数は58人。一昨年と比較すると11人増加しています。また、そのうち高齢者の占める割合が64パーセントと高くなっています。
 また、中村警察署管内で発生した交通事故による死者3人すべてが高齢者であり、交通事故全体の40.3パーセントを高齢者が占めています。


  ハンドルを握る人、一人ひとりが交通ルールを守り、交通マナーの向上に努め、交通事故を防止しましょう。

交通安全運動の基本「子どもと高齢者を交通事故から守ろう」
重点目標
○ 飲酒運転の根絶
○ 自転車の安全利用の推進
○ 後部座席を含むシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底


ホーム
戻る