写真は四万十市と宿毛市の境にそびえる「鍋ヶ森」から四万十川を撮影したものです。

 写っているのは勝間の集落、中央の赤い屋根の建物が勝間小学校(現在休校中)です。

撮影:2007/2/12


・黒潮町方向


 「鍋ヶ森」は四万十市手洗川、高瀬と宿毛市の境界に聳(そび)える標高635mの山です。

 登山口は現在、宿毛市大物川(おものがわ)からのルートしかありませんが、尾根線や山頂からは、勝間から河口まで四万十川が一望でき、大川筋の全域、赤鉄橋、市街地、太平洋、黒潮町の井ノ岬などが見渡せます。

 尾根筋にはアカガシ、ユズリハ、ツルシキミといったやや標高の高い所に見られる植物が分布しています。

 更には近年本地域では確認例のないホンシャクナゲの自生地があり驚かされます。


※左の写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

・中村市街地方向


・大川筋方向

○地図
 

・四万十町松葉川方向

ホーム
戻る