ちょっこり『みて屋』

 なかむら商人塾塾生有志が、空き店舗を利用して、天神橋アーケード内に店舗を開きました。

撮影・取材:2007/1/18


  「なかむら商人塾」は、お客さんに支持される店づくりを目指す、まちづくり四万十株式会社と同趣旨に賛同する商店街振興組合連合会の有志が集まったもので、平成16年7月から勉強会を行っています。そして3年目となる今年度、これまで学んできたことを実践してみようと、空き店舗を利用して出店しました。



 お店の名前は、「ちょっこり『みて屋』」。昨年12月にオープンしました。皆さんに日々の生活を楽しんでもらうためにこんなものがあったらいいのではないかと思うものを集めているそうです。


 店内には、和菓子、陶器、衣類、電気製品などいろいろな商品が見た目にも楽しく陳列され、立ち寄った人を楽しませてくれます。

 お客さんの反応はと尋ねると、「ここは、何のお店?いろんなものがあって見ているだけでも楽しいと言ってくださいます。」と笑顔で答えてくれました。
 商店街もいろいろな工夫をこらしてお客さんを待っています。一度のぞいてみませんか。

ホーム
戻る