中村駅まつり

 中村駅前広場で行われた中村駅まつりは、大勢の人出でにぎわいました。

※ビデオの再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。

撮影・取材:2006/9/28
2006/9/30


 これは、駅に活気とにぎわいを取り戻し、地域住民に鉄道の必要性を考えてもらいたいと、土佐くろしお鉄道中村・宿毛線運営協議会が行ったもので今年で2回目となります。


 28日は、一條大祭歌謡フェスティバル予選や打ち上げ花火、餅投げのほか、たくさんの催し物がありました。

 後川河川敷から花火が打ち上げられると、間近でみる花火の迫力に、集まった人からは歓声と拍手が沸きあがりました。

会場風景ビデオ

 


 また、列車通学の高校生6人が、「土佐くろを救え!高校生の主張」と題して土佐くろしお鉄道への応援メッセージや利用促進策の提案などを行い、鉄道の必要性を訴えました。

幡多農業高等学校

 

「皆さん汽車に乗ってください!時間に追われいやしを求める時代の中で汽車にゆられながらのゆっくりとした時間は最高のいやしになると思う!」
「私たちにとっても通学に必要不可欠な鉄道。なくなってしまったら、交通弱者はどうなる?交通の便が悪くなり帰省や観光客数にも影響がでてくるのでは。みんなのために、なにより自分のためにみんなの力でくろしお鉄道を残そう!」

中村高等学校

 この日イルミネーションの点灯式を行いました。
 このイルミネーションは、来年1月中旬までの18時30分から23時30分までの間毎日点灯され、利用者の目を楽しませてくれます。

 また、30日には中村駅ミニコンサートが行われ、高校生によるバンド演奏やマジックショーのほか、鉄道存続を訴えるメッセージも披露され、多くの市民に鉄道利用について呼びかけを行いました。

WINTER BIRTH   

Channel

Dream

大商軍団

マジックショー(柿葉翔太)

GANJASTA

横田直祐(教員)

GROMERS

 


ホーム
戻る