8月14日(月)、佐田の沈下橋が2000個のロウソクで飾られました。

撮影・取材:2006/8/14


 このライトアップは、市役所の職員が提案して6月始めに行われたのが好評だったことから「大勢の人に見てもらおう」とお盆の時季に合わせて商工会議所と市職員が実行委員会を作りこの日の実施となりました。

 炎天下の中、実行委員会のメンバーに加えて、地元佐田地区の有志の手伝いもあり、総勢50人ほどのボランティアの手で準備されました。

 午後6時30分、1つひとつ点火されました。


 今回は、沈下橋はもとより県道から沈下橋に通じる道の両側、沈下橋手前の堤防までもロウソク灯りで飾られました。

 さらに、橋の上から見ると水面ギリギリの川原に置かれた灯りは、天の川が目の前に広がっているように映りました。

 神奈川県から帰省中のご家族も、「これはいいね、見に来て良かった」と満足そうに川面を眺めていました。

 準備や後片付けは大変ですが、普段見慣れている沈下橋に新たな一面を作り出し、四万十川の魅力がまた1つ増えたように感じました。


ホーム
戻る