四万十川国際音楽祭2006
ヤッホー!四万十それいけ゛役立たず″
 
 平成18年7月16日(日)、市中央公民館で四万十国際音楽祭2006が開幕しました。

取材・撮影:2006/7/16

 「坂田明と゛役立たず″のあり方について」と題し、サックス奏者の坂田明さんらが歌あり、朗読あり、演奏あり、踊りがあるユニークな音楽を聴かせ、見せてくれました。
 坂田明さんの奏でるサクソフォーンの迫力ある音色に、観客はうっとりと聞き入りました。


 −休憩ライブ−
 1部と2部との間には、高知中央高校奇術部のマジック、ヒップホップダンス、サルサダンスなども披露されました。

 地元の中村交響楽団との合同の演奏や、それに加えて観客席の聴衆も音楽祭の一員となって歌い、祭りはさらに盛り上がりました。

 四万十川国際音楽祭HP


ホーム
戻る