四万十川に光の橋がかかりました。

撮影・取材:2006/6/6

 日ごろは、市民の皆さんから寄せられる市道についての苦情を聞いたり、市道整備をしたりと市道に関するさまざまな仕事をしている市役所建設課ですが、この日は同課と商工観光課の有志が、夜の沈下橋の風情を楽しんでもらいたいと佐田沈下橋を600個のロウソクで飾りました。

 午後6時30分、1メートル間隔に並べられたロウソクに一つづつ点火していきました。通りかかった人や近所の人は「きれいやね」と言いながらロウソクの灯りがゆれる沈下橋を行き交っていました。


 辺りが暗くなると目と耳に入るのは橋に架かる光の道と四万十川のやさしいせせらぎだけ。集まった人たちはゆったりとした時の流れを静かに感じていました。またこの光に誘われたかのように蛍も飛び交っていました。

ホーム
戻る