第4回四万十川ラジコン水上機フェスティバル

 平成18年4月29日(土)、30日(日)の両日、鍋島の四万十川河川敷にて第4回四万十川ラジコン水上機フェスティバルが開催されました。

※ビデオの再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。

撮影・取材:2006/4/30


 4回目となる今年の大会には、大阪府や千葉県、島根県など1府11県から約50人が参加、約80機ものラジコンがやってきました。

 初日の29日は悪天候だったものの二日目は良い天気となり、二日間で約8,000人が訪れました。

 参加者達は次々と華麗なテクニックを披露し、そのたびに観客から驚きのどよめきや歓声が上がっていました。

写真をご覧ください。
写真1 写真2 写真3 写真4

ビデオをご覧ください。
ビデオ1 ビデオ2


 写真は翼長5.8mという巨大ラジコン水上機「赤トンボ」です。 昨年に続き今年も見事な飛行を披露してくれました。

 下の写真でインタビューを受けているのは「赤とんぼ」を操縦した吉岡さん。

 人が並ぶと飛行機の大きさがよく分かります。とてもラジコンとは思えない大きさです。

赤トンボの写真
写真1 写真2

赤トンボのビデオ
ビデオ

 こちらは超軽量のラジコン飛行機です。手で持って飛ばしますが、写真で見ると、すぐそこに浮かんでいるようで不思議な感じです。

こども紙飛行機大会には多くの子ども達が参加。飛距離を競いました。

写真1 写真2

 飛んでいるのはモーターパラグライダー。4機のモーターパラグライダーが会場上空を飛び、空からキャンディー投下するキャンディープレゼントです。

写真

 土佐くろしお鉄道チャリティーイベントとして行われた、熱気球体験搭乗。

 実際に熱気球を間近でみるとその大きさに驚かされます。体験搭乗では地上から3mくらいまで上昇するだけでしたが、実物の気球を間近で見られただけでも得した気分になれました。

写真

 ラジコンではなく実物のヘリコプターです。昨年に引き続きヘリコプターの遊覧飛行も楽しめました。

ホーム
戻る