〜中国安徽省亳州市訪問〜

 平成18年2月21日(火)から2月24日(金)、四万十市の友好都市である中国安徽省亳州市へ助役を団長に四万十市友好訪問団が訪問し、交流を深めました。



 四万十市が訪問するのは平成14年8月(当時旧中村市)以来となりました。 亳州市とは平成9年の友好都市締結以来、相互訪問をして交流を続けていますが、今回の訪問では、四万十市となっても継続して、産業、経済、文化等の各分野で友好交流と協力関係を進めていくことを確認しました。

 22日は亳州市の劉健市長と中平助役による会談が行われました。劉健市長は、「両市の産業である農業を通じての交流を進めて行きたい。また、最近では市民間での往来も増えてきていると思うが、もっと経済的な交流も進めて行きたい」と話されました。

 


 同日、亳州市役所において歓迎セレモニーが行われ、多くの亳州市の方から熱烈な歓迎を受けました。許家貴副市長をはじめとする関係者との会談も行われ、「四万十市は東洋医学の里を推進しており、亳州市は中国の漢方薬の集積地であります。今後、漢方薬の近代化を図り共に繁栄していきたい。また、行政での交流にとどまらず、市民や子ども達の交流も進めて行きたい」と話されました。


  調印式では友好都市交流に関する協定書に署名を行い、これからも両市が共に助け合い、繁栄と発展に繋がるよう交流を継続していく事が確認されました。


 視察先については下記をクリックしください。

 視察先等  

ホーム
戻る