平成18年1月27日(金)、市内数箇所で地震災害に備えるための地震体験が行われました。この内具同小学校で行われた地震体験の様子をご紹介します。
撮影・取材:2006/1/27

 具同小学校では過去にも同じ様に地震体験の学習を行っています。今回は、1年生、2年生、4年生が地震体験学習を行いました。

 この学習は起震車を使った地震体験だけではなく、地震や防災についての勉強も行います。

 このあと起震車での地震体験です。

 取材は4年生と1年生の授業を行いましたが、以前に体験した事のあるという4年生は流石(さすが)に上手に机の下に身を隠しますが、初めての体験となる1年生は、机や椅子に頭をぶつける子が多く、地震の時の怖さを実感した事と思います。


 写真、ビデオをご覧いただけます。

写真4年生
写真1年生

・4年生
・4年生の先生
・1年生
・1年生
・1年生の先生

※ビデオ及び高解像度の写真をご覧いただくにはID・パスワードが必要となります。
 ID・パスワードは各学校より保護者等関係者に連絡しています。


 平成17年度現在、四万十市で防災対策の業務を担当している花岡です。
 この日は機械の操作や児童たちへの説明、指導と大忙しでした。

 今回の地震体験は、この日に幡多農業高等学校と文化センターで、29日には右山地区で行われます。


ホーム
戻る