平成18年1月12日(木)、竹島の渡辺一郎果樹園にて、東山小学校4年生による文旦の収穫体験が行われました。
撮影・取材:2006/1/12

 今回のような収穫体験は、普段何気なく食べている農作物が、どのように作られているのかを学ぶために行われています。

 この日は文旦を収穫する体験を行いましたが、児童達は事前に文旦の花つけから収穫までの作業を勉強してこの日に臨みました。

 収穫の作業は用意した手引きを見ながら、一つ一つ丁寧に行われ、およそ1時間ほどの間に沢山の文旦を収穫しました。

 収穫した文旦は藁(わら)のこもを被せて約一ケ月間追熟(ついじゅく)させますが、児童達はこの作業も体験しました。

 そして、約一月後の2月9日には追熟の終わったこの文旦が、学校給食として出される予定です。

 作業終了後、児童達は追熟前の獲りたての文旦の味見をしました。この時点でもとても甘くておいしい文旦、どんな味になって給食に出てくるのかとても楽しみです。

写真1
写真2

ホーム
戻る