平成17年、西日本の広範囲に大きな被害をもたらした台風14号。
 四万十市に最も接近した9/6と翌9/7の記録です。

 左写真は6日15:50頃の状況。この時点で水位は7.47mでしたが、今回最も高い水位は6日23:40の9.88mで、写真よりも2m40cmも高く、赤鉄橋のすぐ下まで水面が迫っていました。
※水位情報は国土交通省HPのデータによる。


6日14:40 国道441号
川登の集落手前から道路が冠水

6日 15:10 下田の浜

ビデオ:1.6MB

6日15:35 四万十川
坂本の堤防(国道321号)から不破方面を撮影

6日15:50 赤鉄橋
右岸(具同側)より撮影

ビデオ:1.5MB

7日8:10 赤鉄橋
左岸より撮影 この時点の水位:6.93m

7日8:20 不破八幡宮
階段の半ばまで浸水していたことが分かる。

7日8:30 不破から角崎
この時点で未だ道路が冠水している。

7日8:40 百笑

7日 8:50 岩田
木材団地前

7日9:10 敷地
この時点でかろうじて通行できる道路はあるものの、未だ冠水した道も多い。

7日9:10 敷地から田野川方面
道路冠水のため進入できず。

7日9:45 佐田(右岸)
通常の水面から10mほども水位が上昇し、車庫などが流される被害がでている。

7日9:45 佐田(右岸)
沈下橋

7日10:20 国見(一本松)

7日10:22 楠島
道路が冠水し、奥に見える新しい住宅から国道に出る事ができない。

7日10:33 馬越(国道56号)
通行はできるものの浸水している。

7日10:55 名鹿漁港

7日 11:10 下田
この付近の道路も夜には冠水していた。

7日 11:20 下田の浜
波は通常の高さになっている。

7日11:25 下田 四万十川河口

7日11:30 下田港
流木などのごみの撤去が懸命に行われていた。

7日9:04 角崎
流木等で道がふさがれている。

7日10:20 佐田
県道川登中村線

7日10:25 佐田沈下橋

7日10:25 佐田沈下橋

※台風14号の被害は、ここに掲載した以外にも市内各地で発生しました。

※ビデオの再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。


ホーム
戻る