ぎんなん祭り
  
〜秋のおもてなし〜 

 10月10日、三ツ又地区で秋恒例のぎんなん祭りが開催されました。

  写真1   写真2


 まずは、昔ながらの餅つきが行われました。参加者のみなさんで交代しながらつきました。

 ついた餅にあんこを入れ、早速みんなで食べました。

 


 魚釣り大会も開催されました。この日のイベントの中では一番の人気です。
 釣りあげた魚の種類で得点が異なり、参加者のみなさんは大物を釣りあげようと一生懸命でした。うまく釣れた方も、まったく釣れなかった方もいたようでした。

 他のイベントでは、くずかずらを材料にしたかごやリース作り、また仏が森のハイキングがありました。
 (*最初の写真は仏が森の頂上の展望台からの眺めです。)


 体を動かした後は、待望のお昼ごはんです。

 地元の方が作った、炊き込みご飯、ちらしずし、しし汁におでんでした。これがとても美味しくて、みんな大満足です。


 そして、恒例のぎんなん飛ばし大会。口に含んだぎんなんを飛ばして、距離を競います。意外だったのは女性の方が多く参加していました。そのおかげで女性の部は大盛況でした。

 ぎんなん祭りでのんびりと過ごした秋の1日は、ひとときの心の安らぎと癒しをくれたようで、ぎんなんなどのお土産を手に、参加者のみなさんは生き生きとした表情で帰っていきました。

 もどる