今回は、中村市・西土佐村合併協議会を紹介します。

 中村市は、平成15年2月に、中村・大方・佐賀・西土佐合併協議会を発足させ平成16年2月にはすべての合併協議を終えていましたが、残念ながら離脱する市町村が出たため、協議会は解散しその取り組みも白紙となりました。
 しかし中村市と西土佐村は新たに合併の協議を行うため、平成16年8月1日から中村市・西土佐村合併協議会を発足しました。

 そして、平成16年9月3日(金)には第2回目の合併協議会が開催されました。

取材・撮影:2004/9/3


 この合併協議会は誰もが自由に傍聴できるのですが、なかなか傍聴には行けないという方も多いと思いますので、少しですがどのように協議が進められているのか紹介したいと思います。

※ビデオをご覧いただくにはWindowsMediaPlayer9が必要です。

 9月3日の合併協議会は西土佐村役場で開催され、次の事項について協議が行われました。
  ・一般職の職員の身分の取り扱いに関すること
  ・特別職の身分の取り扱いに関すること
  ・条例、規則等の取り扱いに関すること
  ・一部事務組合等の取り扱いに関すること
  ・公共的団体等の取り扱いに関すること
  ・各種団体への補助金、交付金等の取り扱いに関すること
  ・町の慣行の取り扱いに関すること
  ・国際交流の取り扱いに関すること
  ・選挙管理委員会の取り扱いに関すること
  ・交通安全対策の取り扱いに関すること

 会議の冒頭、8月31日に政府の市町村合併支援本部(本部長・麻生太郎総務相)が、2005年3月までとしていた「市町村合併支援プラン」の適用期間を1年間延長する方針を決めたことについて、高知県の担当職員からそのことについての状況説明がありました。

会議冒頭

 続いて協議事項の協議が始まりました。
 ビデオは「一般職の職員の身分の取り扱いに関すること」についての協議の模様です。
 以下の議題についてもこのように協議が行われ、提案に対する承認が行われて行きます。

協議事項に入って

 次に紹介するビデオは今回の協議の中で最も意見の出された項目、「町の慣行の取り扱いに関すること」についての協議の模様です。

町の慣行1
町の慣行2


 最後に協議会会長の澤田中村市長より、合併に向けての動きとして、9月議会への電算システム統合関連の予算を提案していくことについての説明がありました。

最後に

会議資料等合併協議会についての詳細は、中村市・西土佐村合併協議会ホームページに掲載されています。

 もどる