図書館も子育てを
応援しています!

今年も高知県家庭教育キャンペーン、ブックスタートが実施されます

 ブックスタートとは、乳幼児と保護者が心を通わすかけがえのないひとときを「絵本」を介して持つことを応援する活動です。
 この活動は、平成14年8月から高知県と中村市が協力して行われてきました。 


 中村市では、乳幼児の1歳9ヵ月児健診の時期に併せて実施しており、会場となった健康管理センターには保護者に連れられた、元気いっぱいの乳幼児25人が集まりました。


 健診の待ち時間を利用して行われたこの事業には、長年子どもたちとのふれあい経験豊富なボランティア2人と、図書館の職員が保護者と抱っこされた乳幼児一人ひとりに絵本を読んで、絵本を読むことの大切さをお話しました。




 お父さん、お母さんに抱っこされて読んでもらう絵本は心の栄養となり人間形成に大きな役割を果たします。ぜひ読み聞かせをしてあげてください。また、「図書館には子どもの成長に合った絵本がたくさんありますよ」「親子で気軽に図書館を利用してくださいね」と呼びかけながら参加者一人ひとりに絵本が手渡されました。

 

 もどる