穏やかな晴天に見舞われた1月3日 2004年「新春はしりぞめ」が沢山の市民が参加して賑やかに開催されました。

 コースは、中村小学校を出発して1.2kmの市街地を自分のペースでゆっくりと走るもので、小さな子ども達もお父さんお母さんと一緒に楽しそうに走って行きました。

 当日の写真をご覧いただけます。
 【写真1】  【写真2】 【写真3】

 


 午前9時中村小学校校庭で受付が始まりました。

 参加者は、親子連れやサッカークラブの仲間同士また、中村高校陸上クラブの生徒、そして、ジョギング仲間等沢山の人達が詰め掛けました。

 10時から開会式が行われ、中村市教育長の挨拶の後、軽い準備体操で体をならし参加者達は一斉に市街地へと走り出しました。


 走り終えた参加者の顔には、うっすらと心地よい汗が浮かんでいました。

 

その後、続いて行われた抽選会では沢山の景品が用意されていて、2等、1等と発表がある度に会場には大きなどよめきと歓声が上がっていました。

 大阪から来たと言う小学校6年生の男の子は、「毎年、お母さん達と一緒に田舎へ帰ってきています。昨年は雨のため中止となったので、今日は楽しみにして来ました。」と話してくれました。

 中村市の初春は、2004年の新春はしりぞめでスタートしました。
 今年1年間、市民の皆様が健康で健やかに過ごせますようにお祈り致します。


もどる