※音声を聴くにはWindowsMediaPlayerなどのMP3ファイルの再生ソフトが必要です。


○中村市長 新年あいさつ  ←←←音声ファイル(MP3)

 新年明けましておめでとうございます。

 市民の皆さまには、それぞれに新しい年に対する期待や夢をもって、よいお正月を迎えられたことと思います。また旧年中は、各方面でご活躍くださるとともに市勢の発展にご理解・ご協力をいただき、ありがとうございます。
 おかげさまで、最近まで市政に努力してきた結果、中村市発展の骨格ができあがってきました。主なものだけ三点申し上げます。まず交通網の整備ですが、中村市をとりまく三つの渋滞が全く解消されました。一つは古津賀の四車線化によって、あの辺がすっかり様変わりして立派な道路ができたことです。二つ目は平田―具同間の中村・宿毛道路ができ、56号線の方がすきすきになったことです。三つ目は高速道路が須崎までのび、土佐市・須崎の渋滞が解消されたことです。二点目は産業面の進展で下田いやしの里、さかな学遊館の完成とアロインス製薬の工場進出があり、観光の拠点づくり、いやしの里、雇用の創出などが達成されました。三点目は広域溶融炉の完成です。ダイオキシンに対する安心、地域規模での炭酸ガスの削減、ゴミの資源化、最終処分場の延命化などが達成されます。
 これからの課題としては、東町の堤防補強、横瀬川ダム、下田港、庁舎の拡張建て替え、中村小・中学校の合築、南予・高知県をつなぐ一条公経済の復興などに力をそそいでいきます。

中村市長  


○中村市議会議長 新年あいさつ   ←←←音声ファイル(MP3)

 新年明けましておめでとうございます。

 市民の皆さまには期待や希望に満ちた新年をお迎えの事とお慶び申し上げます。国の各分野の構造改革によりまして地方行財政を取り巻く環境はますます厳しく、特に財政の硬直化は国、県、地方とも深刻な状況であり、本市におきましても今後は、市民のご理解のもと事業を厳選した効率的な運営が求められております。
 市議会といたしましても、市町村合併は避けて通れない課題として鋭意取り組んでおりまして、新市の姿が見えつつあります。今後は新市の基本構想をもとに市民に対する説明会などを開き、皆さまの意見を聞きながら理解を深めていただき、住民の方々にとって、より良い新市建設に邁進しなければなららいと決意を新たにしている所であります。一方、道路網整備では中村・宿毛道路は中村側が平成19年度完成、宿毛側が平成21年度完成をめざし着々と工事が進んでおります。また国土交通省の直轄方法による窪川、佐賀間のバイパス方式による高規格道路整備も示された所であります。私も今年度は全国市議会議長会建設運輸委員会委員長としての活動の場をあたえていただいておりますので、国に対しましても地方の生活基盤の整備推進について強く要望してまいります。
 最後になりましたが、今年も市議会に対しまして暖かいご支援を賜りますと同時に市民の皆さまのご多幸をお祈りし年頭のごあいさつとさせていただきます。

中村市議会議長  


 もどる