平成15年11月16日日曜日に四万十川河川敷にて「四万十川市民一斉清掃」が行われました。

 この四万十川市民一斉清掃は、中村市と中村市民憲章推進協議会の主催で実施しており、今回で23回目となりました。


 作業開始前の集合の様子です。
 写真上が「四万十川お祭り広場」、下が「渡川緑地(具同側赤鉄橋下)」の様子です。

 この他に
  ○佐岡橋右岸上流の堤防上東屋
  ○佐田沈下橋(左岸)
  ○四万十川記念公園(四万十屋前)
  ○四万十川河口(国体ボート競技跡地)
 の計6箇所に集合し作業に取り掛かりました。

  この日は全体で約1,000人の市民が参加し、四万十川のごみを収集しました。


 赤鉄橋付近中村側のごみ収集の様子です。

 この付近は川原が広いので、歩いて回るだけでも大変です。



 こちらは対岸、具同側の様子です。

 対岸とは対照的にこの付近は藪がほとんどで、少し進むにも苦労します。


 今回が23回目となる一斉清掃ですが、これまでの地道な取組みの成果で、見た目にもごみは少なくなっているようです。
 とは言うものの、実際に回ってみるとごみは結構落ちています。

 最終的にこの日収集したごみは、全体で約3トンになりました。

 この一斉清掃は、これまで年2回実施してきていますが、今後も続けていく予定ですので、これまで参加されたことのない方も、是非次回から参加してください。