平成15年10月9日、前日から中村市を訪れている、中国亳州市からの友好代表団が中村南小学校を訪れました。

 南小学校は以前より中国の観堂小学校との交流を行っており、今回はその観堂小学校からの絵と手紙を届けるため、代表団の訪問となりました。

 それぞれの模様をビデオで紹介します。
※WindowsMediaPlayerが必要です。


 代表団の団長の邵 国荷さんから、観堂小学校からの絵と手紙が手渡されました。 南小学校を代表して受け取ったのは6年生の森岡賢人くんと5年生の有田圭吾くんです。

 →→→ビデオ


 亳州市は今年6月末に大きな水害に見まわれました。そこで南小では授業の一環として栽培したお米を販売して、災害の復興援助への寄付を考えていました。そして代表の二人からこの日のお礼とともに、寄付の約束も行われました。

 →→→ビデオ


 その後、校歌と鉄腕アトムのテーマが披露されました。

 鉄腕アトムのテーマは2番から中国語での合唱でした。

 

 →→→校歌ビデオ

 →→→アトムビデオ

 


 歓迎式の後、代表団は各教室での授業を見学されました。

 →→→ビデオ


 最後に代表団を驚かせたのは、永野校長先生の点てる「お茶」でした。

 →→→ビデオ

 

代表団は10日中村での日程を終え、無事高知を発たれました。

※ビデオのファイルは「右クリック」→「対象をファイルに保存」で保存可能です。