2003
ゴールデンウィーク

 中村市内の観光地は多くの観光客にぎわいました。


四万十いやしの里
 昨年オープンした「四万十いやしの里」、連日宿泊や温泉に訪れる人々でにぎわいました。
 4日〜5日には「水石展」や「地元生産物(花)の販売」も行われました。


カヌーとキャンプの里 かわらっこ
 今年は四万十川の上を悠々と泳ぐこいのぼりたちがみんなを迎えてくれました。(4月中旬〜5月中旬まで)

 まだ水は冷たいけど、たくさんの人がカヌーにも挑戦。四万十川を満喫しました。(5/4)

 キャンプ場の方もどのサイトも家族連れやグループでにぎわいました。

 26日には「かわらっこ村祭り」も開催され、いろいろなイベントが行われました。中でも地元のおかあさん達が作った鮎飯や猪汁は絶品でした。


●中村駅前
 中村の玄関口となる中村駅。その駅前広場にある観光協会も観光客でにぎわいました。(5/4)

 ここではレンタサイクルを借りることができ、自転車でのんびり四万十川を楽しもうという観光客もたくさんいました。


トンボ自然公園
 トンボ自然公園ではカキツバタとショウブが綺麗な花を咲かせ観光客を迎えました。
 公園内の川や池ではザリガニ釣りも楽しめ、子供達は竿を手に真剣にザリガニと格闘していました。

 5日にはブラックバストーナメントの表彰式が公園内で行われ、ブラックバス料理の試食会という変わったイベントも行われました。


四万十川学遊館
 トンボ自然公園内に昨年オープンしたばかりの学遊館。 ゴールデンウィークのイベントも盛りだくさんでした。

 子供達に人気だったのは「ペットアニマル展」と「メダカすくい」。どちらも子供達でいっぱいでした。


佐田沈下橋(5/4)

 四万十川の代表的観光スポットの佐田沈下橋も連日にぎわいを見せていました。


安並水車の里(5/4)

 観光客の方をモデルにハイチーズ!
 ありがとうございました。


●臨時観光案内所

 ゴールデンウィーク期間中、佐田沈下橋、四万十川学遊館、中村駅前に臨時観光案内所を設置しました。


川バス運行(高知西南交通)

 ゴールデンウィーク期間中、中村駅〜四万十川学遊館〜佐田沈下橋〜かわらっこを走る「川バス」を高知西南交通さんが運行されました。
 初めての試みで、約100人が乗車されました。利用者のアンケートでは「運転手さんが親切で楽しかった」と好評でした。