●高森山遊歩道
   ハイキングコース

 高森山は中村市街地の西方、具同〜入田〜楠島の3地区にまたがってそびえる、標高336.5mの山です。

 トンボ公園からこの高森山の頂上まで遊歩道ハイキングコースが整備されています。


 トンボ公園にコースの説明を書いた看板が立っています。


 遊歩道入口です。

 杖が数本用意されています。


 500mを越えた付近。

 コースの中でこの辺りが一番傾斜が急ですが、ご覧のように階段が整備されているので、安全に上ることができます。

 このような階段も含め、このコースは市内のハイキング愛好グループが、ボランティアで整備したものです。

 


 コースのあちこちに、迷わないように、このような立て札が立てられています。


 1,400m地点に展望台があります。

 ここからは入田地区から四万十川、更に太平洋まで見渡すことができます。
 下の写真がその風景。右側が太平洋になります。
 写真をクリックすると拡大写真が見られます。


 1,670m地点の展望台。

 ここからは具同地区から太平洋を望むことができます。

 

 
 四万十川左岸の黄色い地帯は今が盛りの菜の花畑です。

 写真をクリックすると拡大写真が見られます。


 頂上付近にくると石の祠を見ることができます。

 なかなか大きなものでどうやって運んだのか不思議なくらいです。


 昔は頂上に神社があったそうでその名残なのでしょう。


 頂上の展望所からの風景。
 頂上からは楠島地区が一望できます。

 頂上まで約2km、時間にして約1時間のコースは小学生でも上ることができます。みなさんも挑戦してみてはいかがでしょう。