ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

大学誘致を断念することについて

更新日:2022年11月30日更新 印刷ページ表示

 (仮称)京都看護大学四万十看護学部の誘致継続については、財政上の問題及び文部科学省の許認可が得られることについて、確実な見込みを示すことが困難であると判断し、学校法人京都育英館と検討した結果、断念することとなりました。
 
 大学誘致の取り組みは、急速な人口減少、少子高齢化が進む中で、若者の増加による地域活性化や経済効果を期待するものであり、進学先の選択肢の増加による若者の地域定住を目指して取り組んでおりましたが、多くの皆さんの期待を裏切る結果となってしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
 
 今後の施設の活用については、大きな課題となりますが、地域活性化を目的とした有効活用に向けて検討してまいります。

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)