ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ワクチン接種証明について

更新日:2021年12月22日更新 印刷ページ表示

 

 

 予防接種法に基づく新型コロナワクチンを接種済みの方が、渡航先への入国時や、日本国内において行動制限の緩和等の措置を受ける場合等に活用できるよう、新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。

接種証明が必要なとき

海外:渡航先(海外)への入国時や日本への入国、帰国後の待機期間の緩和措置を受ける場合等で提示を求められることがあります。入国時にこの証明書の提示を求める国や、証明書の提示による制限緩和措置等につきましては、下記によりご確認ください。

外務省ホームページ(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置について)<外部リンク>

国内:入院患者へのお見舞い、飲食店やイベント会場への入場、交通機関の利用や旅行等での割引などで提示を求められることがあります。

接種証明書の種類

 新型コロナワクチンを接種したことを証明する書類は以下の5種類があります。使用の用途をご確認のうえ利用ください。

(1)新型コロナウイルスワクチン感染症予防接種済証(臨時)

 ワクチン接種当日に提出した接種券に記載された(接種日時・接種場所・ワクチンの種類)により接種済であることを証明する接種済証です。

(2)海外用電子版(スマホ版)接種証明書

 スマートフォンアプリにより接種済証明を行うもので、国内での使用も可能です。(アプリの登録にはマイナンバーカードが必要です。)

(3)海外用書面版接種証明書

 接種証明を書面により交付します。国内での使用も可能です。

(4)国内用電子版(スマホ版)接種証明書

 スマートフォンアプリにより接種済証明を行うもので、日本国内でのみ使用が可能です。(アプリの登録にはマイナンバーカードが必要です。)

(5)国内用書面版接種証明書

 接種証明を書面により交付します。国内でのみ使用ができます。

発行可能な証明書の種類

 

各種接種証明について

(1)新型コロナウイルスワクチン感染症予防接種済証(臨時)

 ワクチン接種の事実を示す書類として、利用いただくことができます。
 ※海外渡航等を目的とした使用はできませんのでご注意下さい。

予防接種済証(臨時)初回接種

予防接種済証(臨時)追加接種

(2)海外用電子版(スマホ版)接種証明書【海外用・国内用】

 政府が公式に提供するアプリ及びマイナンバーカードを使用して、海外用、国内用の電子版接種証明書を取得することができます。国内での使用も可能です。
 アプリは、App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書」と検索して、インストールできます。

 接種証明書アプリ App Storeウェブサイト(外部サイト)<外部リンク>

 接種証明書アプリ Google playウェブサイト(外部サイト)<外部リンク>

ア.電子版のメリット

  • 即時発行が可能です。
  • 取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。
  • 取得後はオフラインでも表示できます。

イ.申請に必要なもの

  • スマートフォン※Ios13.7以降もしくはAndroid OS 8.0以降 かつ Nfc Type B対応
  • マイナンバーカード
  • 券面事項入力補助用暗証番号(4桁)※
  • パスポート【海外用を発行する方のみ】

 ※:券面事項入力補助用暗証番号は、マイナンバーカードを受け取った際にご自身で設定した数字4桁の暗証番号です。入力を3回間違えるとロックがかかります。暗証番号を忘れてしまった場合や、ロックがかかってしまった場合は、四万十市役所本庁、市民・人権課での再設定が必要となります。

ウ.アプリの使用方法

 「新型コロナワクチン接種証明書アプリ(外部サイト)」<外部リンク>でご確認ください。

エ.注意事項

 接種を受けてから接種記録がサーバーへ登録されるまではご利用できません。
 お急ぎの場合には下記までお問い合わせください。
  ( 四万十市健康推進課ワクチン接種推進室 電話 0880‐34‐8585 )

オ.問合せ先

  • アプリの操作方法に関すること
     デジタル庁 デジタル庁問合せフォーム<外部リンク>
  • 接種証明書の意義など制度一般に関すること
     厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
     0120-761-770
     受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

(3)書面版接種証明書【海外用・国内用】

 日本国内での使用を想定しているが新型コロナウイルスワクチン感染症予防接種済証(臨時)が紛失等でお手元にない方及び海外用証明書の電子版の発行が困難な方を対象に書面での接種証明書を発行します。
※海外・国内兼用と日本国内専用の2種類があります。使用用途に応じて申請ください。
 新型コロナウイルスワクチン感染症予防接種済証(臨時)または接種記録書(医療従事者用の接種済証)は、どちらの書類もワクチン接種の事実を示す書類として、【日本国内専用】接種証明書と同様にご利用いただくことができます。

※12月19日までに取得した接種証明書(海外用ワクチンパスポート)及び新型コロナウイルスワクチン接種済証明書交付申請書兼証明書についても引き続き有効ですが、一部の国においては二次元コードが必要な場合も考えられます。
 海外渡航の際には渡航先政府のウェブサイトや外務省のウェブサイト等を確認ください。

ア.申請、発行方法

 四万十市役所本庁健康推進課・西土佐保健分室(保健センター)へ来所、または郵送にて必要書類を提出してください。

【接種証明書交付申請書類】
 ・交付申請書 [PDFファイル/121KB]
 ・海外渡航時に有効な旅券(パスポート)
  ※旅券番号、姓名、国籍が記載されているページの写し(見本) [PDFファイル/189KB]

【代理人による申請の場合】
 ・委任状 [PDFファイル/57KB] (委任者の氏名は本人の直筆である必要があります。)
 ・代理人の本人確認書類の写し
  ※(例)マイナンバーカード(顔写真のある方)、運転免許証(両面)、保険証(両面) 等

【郵送申請の場合】
 ・返信用封筒・切手
  表面に返送先の住所と申請者本人の氏名を記載の上、切手(長3サイズの封筒の場合は、
  84円)を貼付してください。料金不足の場合は「不足料受取人払い」にて返送させてい
  ただきます。御了承ください。
  ※返信先が本人以外となる場合は、本人の氏名を併記してください。

申請書類の送付先】

   〒787-8501 四万十市中村大橋通4丁目10
          四万十市健康推進課ワクチン接種推進室

イ.発行費用

 費用は無料です。(海外・国内兼用・日本国内専用)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)