藤の栽培状況

◎ シナフジの主な系統とその品種
 種名のシネンシスは、”中国産”という意味。
漢字では紫藤と書く。中国東部の原産で、中国各地で栽培されている。広州、成都、西安、北京などで、立派な藤棚があり、老木が植えられているのを見かける。
 シナフジの特徴を一口でいえば、フジとヤマフジとの中間といえる形態である。つまり枝や葉はヤマフジ型で花はフジ型といえば、最も近い表現かもしれない。
 花は青紫色か紫色で、フジよりも大輪。芳香があるといわれ、欧米ではフジと同様に利用されており、特にアメリカでは品種改良も行われている。

品種名 花 色 特 徴
シロバナフジ 白色 宮崎神宮のオオシラフジは同種と思われる。
アメリカで作出された園芸品種にアルバがある。
シロバナヤエシナフジ 白色 シロバナフジの八重咲き種で、アメリカの改良変種。
フジとの交配品種もある。
ウスベニシナフジ 白色がかかった
紫紅色
アメリカでの改良変種。
フジとの交配品種もある。
花つきは密で、花房が長いといわれている。
ヤエザキシナフジ 藤紫色 八重咲き種。
アメリカで作出されたブラックドラゴンは濃い紫色の園芸品種。
フイリシナフジ 青紫色 葉に斑が入る。
ニオイフジ クリーム白色 特に香りのよい品種。
やや大輪だが花はやや粗い。
花房は約30cm。葉はシナフジよりも小さいが若干の毛が残ることから判断すると、フジとシナフジとの種間雑種と考えられる。
棚仕立て、鉢仕立て、立木仕立てに適している。

◎ アメリカフジ
 種名のフルテスケンスは、”低木状”という意味。
北アメリカのフロリダ州、テキサス州が原産で4種知られている。現地でもほとんど普及していない。
高さ15m程度に達する落葉つる性木で、花は藤紫色でフジよりも小輪。花房は10〜15cmでヤマフジよりも短い。開花は7〜8月。

戻る

四万十市
787-8501 高知県四万十市中村大橋通4丁目10 Tel:(0880)34-1111
E-mail:wwwadm@city.shimanto.lg.jp
copyright 1997-2005 Shimanto-City Office All Rights Reserved