農商工連携
加工品

 こだわりと歴史の詰まった酒と醤油



酒  
 市内では、山間地でとれた米と四万十川の伏流水を利用して作られるこだわりが詰まったお酒が造られています。
 山間部の富山(とみやま)地域でつくる酒米と梅を使用して作られた「四万十梅の酒とみやま」や西土佐地域でつくる米(ヒノヒカリ)を使った「山間米酒」などがあります。
 

醤油  
醤油
 小京都中村には2カ所の醤油醸造所があり、どちらも80年以上の歴史があります。  幡多地域の甘い醤油は、県外からの特に本州からの観光客などに驚かれますが、くせになる人も多いようで、お土産に買って帰ったり、お取り寄せをする人もいるなど人気があります。
 



Back Copyright Shimanto-City Office All Rights Reserved