マイナンバーカードの健康保険証利用の本格運用延期について

このことについて、厚生労働省が今年3月からとしていた本格運用の開始が、プレ運用中のトラブルが相次いだこと等から、遅くとも今年10月までの開始に延期とされましたのでお知らせいたします。

【問い合わせ先】四万十市市民・人権課 国保係 TEL:0880-34-1114

四万十川市民一斉清掃にご協力をお願いします! ~見つめよう自然 4月10日は四万十の日です~

四万十川流域5つの市と町(檮原町、津野町、中土佐町、四万十町、四万十市)では、毎年四万十の日(4月10日)周辺で四万十川と周辺河川の一斉清掃を実施しています。

清流四万十川の風景を後世に残すため、流域住民をはじめとした皆様のご参加とご協力をお願いします。

 

1 日時

4月11日(日)午前8時00分~午前9時00分 -雨天中止-

※雨天時における中止の判断は午前6時に行い、防災行政無線放送にてお知らせします。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況により、中止となる場合があります。

 

2 集合場所

○中村地域

①久保川休憩所 ②勝間(鵜ノ江)沈下橋(左岸)

③高瀬沈下橋(右岸) ④佐田沈下橋(左岸)

⑤佐田休憩所 ⑥渡川緑地(赤鉄橋具同側)

⑦四万十川お祭り広場(赤鉄橋中村側) ⑧四万十大橋(鍋島ボート競技場跡地)

⑨佐岡橋(後川右岸中村側) ⑩山路橋(左岸)

 

○西土佐地域

①道の駅「よって西土佐」下の駐車場 ②岩間茶屋(駐車場)

③口屋内南津地区保健福祉サテライト前

 

3 収集物

河川周辺のゴミ(ビン・カン類、ビニール類、ペットボトル、紙類等)

 

4 その他

軍手、ゴミ袋は各集合場所で配布します。

 

◎主 催 四万十市、四万十の日実行委員会、四万十市民憲章推進協議会

 

【問い合わせ先】

四万十市役所環境生活課四万十川・環境係  34-6126

西土佐総合支所 地域企画課  52-1111

 

令和3年度 四万十川一斉清掃チラシ(PDF 2.4MB)

公共工事設計労務単価の運用に係る特例措置に関するお知らせ

令和3年3月から適用する公共工事設計労務単価の運用(請負工事)に係る特例措置について

このことについて、下記のとおり特例措置を講じることとしましたのでお知らせします。

〇特例措置について

1 措置の内容
新労務単価の決定に伴い、2に定める工事の受注者は、建設工事請負契約書第66条に基づき、旧労務単価による契約を新労務単価による契約に変更するための請負代金額の変更協議を請求することができます。

2 対象工事及び具体的ない取扱い
(1)契約締結日が令和3年3月1日以降の工事のうち、旧労務単価を適用して予定価格を積算しているものであって、かつ、工期の末日が令和3年4月1日以降(工期延期により工期の末日が令和3年4月1日以降となった工事を含む。)であるものについては、次の方式により算出された請負代金に変更契約を行う。

変更後の請負代金=P新×k

この式において、P新及びkは、それぞれ以下を表すものとする。
P新:新労務単価及び当初契約時点の物価により積算された予定価格
k  :当初契約の落札率

(2)本特例の運用方法等については、別紙「特例措置の運用方法について」によることとする。

〇インフレスライド条項の運用について

(1)契約締結日が令和3年2月28日以前の工事のうち、令和3年3月1日において工期の始期が到来しているものについては、建設工事請負契約書第26条第6項の規定によるものとする。(インフレスライド条項)
※なお運用に関しては、高知県の「賃金等の変動に対する建設工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)運用マニュアル」を準用する。

【問い合わせ先】財政課 建築土木監理係 TEL:0880-34-1809
1.特例措置の運用について(PDF 71KB)
2.様式1~3(Word 16KB)
3.インフレスライド条項運用(PDF 293KB)

職員における新型コロナウイルスPCR検査結果について

昨日、PCR検査を受けた市営食肉センター勤務職員(作業員)の検査結果について、本日(3月24日)、10名全員の陰性が確認されました。

市営食肉センターでは、作業場の滅菌及び施設内作業員動線等の消毒作業を徹底して実施しており、引き続き感染防止対策のうえ、より一層気を引き締め、緊張感を持って感染防止対策に取り組んでまいります。

市職員の新型コロナウイルスへの感染について

3月22日 月曜日、市営食肉センター勤務職員(作業員)が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

 

◆職員について

所属 市営食肉センター

年代 30歳代

性別 男性

 

◆経過

当該職員は、3月22日月曜日午前中まで職場に出勤していました。同日午後から発熱や筋肉痛等の症状が出たため市内医療機関を受診し、感染が判明したものです。

陽性判明後は、自宅待機のうえ医療機関に入院しております。

職場では、マスク着用を徹底しており、その環境下での作業となっておりますが、昼食時等のマスク非着用時間帯もあるため、幡多福祉保健所の指導に従い、当該職員以外の職員10名がPCR検査を受けることとなっております。

 

◆今後の対応

作業場については徹底した滅菌が行われており、施設内作業員動線等についても消毒作業を徹底して実施しており、引き続き感染防止対策に努めてまいります。

これまでも感染防止対策を行ってまいりましたが、より一層気を引き締め、緊張感を持って感染防止対策に取り組んでまいります。

なお、市営食肉センターは本庁等と勤務場所が異なり、事務・業務の関連性はなく、本庁等の業務は通常通り行います。

 

(別紙)「コロナウイルスと食肉の安全性について」

子育て支援団体活動促進事業の実施団体の募集について

四万十市では、地域における子育て支援活動の促進を図り、地域社会全体で子育て家庭を見守る機運を高め、子育てしやすいまちづくりを推進することを目的に、子育て支援活動を行う団体を対象に補助金を交付します。

補助対象となる団体及び事業内容については、下記及び添付の交付要綱のとおりです。

補助金の交付を希望する団体は期日までに、補助金交付申請書、事業実施団体説明書、事業実施計画書を提出してください。

 

◎ 対象となる団体

次の①②の両方に該当する団体

① 市を拠点に年間通して子育て支援活動を行う団体

② 団体構成員の半数以上が四万十市民である団体

※営利目的の団体、宗教および政治活動が目的の団体、暴力団等の反社会的活動統制下の団体は対象外。

◎ 対象となる事業

(1)子どもの健やかな成長を支える事業

(2)親子の交流の場の提供

(3)子育てに関する相談の場の提供

(4)子育て中の親の子育て力の向上のための事業

(5)支援を必要とする子ども及び家庭を支援する事業

(6)地域の子育て力の向上のための事業

(7)子育てに関する情報の提供及び子育て支援に関する啓発活動

※団体構成員のみが対象の事業、四万十市民が主たる対象でない事業は対象外。

◎ 補助金額

1団体につき年額70万円以内

◎ 補助金交付団体

3団体程度

※申し込み団体多数の場合は事業内容の審査により交付団体を決定します。

◎ 申込期限

令和3年4月12日(月)

◎ 申込・問い合わせ先

四万十市子育て支援課 企画係

TEL 0880-34-9007

FAX 0880-34-9003

交付要綱

提出様式