固定資産税について

★ 住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額について

   一定のバリアフリー改修工事を行った以下の要件を満たす住宅について、申告をいただくことで一戸あたり100平方メートルまで、翌年度の固定資産税を3分の1減額します。

  ☆ 対象家屋・要件
   ○ 新築された日から10年以上を経過している住宅(賃貸住宅を除く)
   次のいずかに該当する方が居住する住宅であること
   
 
(居住者 要件)
 @65歳以上の方(改修工事が完了した年の翌年の1月1日における年齢)
 A要介護認定又は要支援認定を受けた方
 B障害者手帳を持っている方
(対象となるバリアフリー改修工事)
 @廊下の拡幅     A階段の勾配緩和 
 B浴室の改良     Cトイレの改良
 D手すり取付け    E床の段差解消
 F引き戸への取替え G床の滑り止め化
   
   ○ 令和4年3月31日までの間に次の工事が完了し、補助金等を除く自己負担額が50万円
   を超えるものであること
 ○ 現在、新築住宅軽減・耐震改修に伴う減額を受けていない建物であること

  ☆ 申告期間・方法
   改修工事完了後3ヶ月以内に、@領収書等の写し A工事明細書 B改修箇所の図面、写真等 C居住者要件が確認できる書類 D補助金を受けた場合は、補助金交付決定通知書の写しをご持参の上、税務課資産税係に申告してください。
 なお、申告様式をダウンロードできますので、ご利用ください。

  [ダウンロード]
 
 @ 申請様式(高齢者等居住改修住宅に係る固定資産税の減額申告書)
高齢者等居住改修住宅に係る固定資産税の減額申告書 PDF版 PDF版 / 高齢者等居住改修住宅に係る固定資産税の減額申告書 WORD版 WORD版


  お問い合わせ
 ( 本   庁 ) 税務課資産税係  TEL:35-4428 E-mail:sisanzei@city.shimanto.lg.jp
 ( 総合支所 ) 西土佐住民分室  TEL:52-1112 E-mail:n-zeimu@city.shimanto.lg.jp
固定資産税について

もどる

Copyright(C) 四万十市役所 All rights reserved.