大人の風しんの抗体検査・予防接種について


  昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、制度上風しんの公的な予防接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が女性や他の世代の男性が約90%であるのに対し、約80%と低くなっています。風しんの蔓延を防ぐためには、全世代の抗体保有率を90%とすることが必要です。
 そのため、令和4年3月31日までの時限措置として、令和元年度から全国で無料の「第5期定期予防接種」が始まっています。風しんの抗体検査を受けていただき、抗体価が低い場合は予防接種の対象となります
 
■ 抗体検査受診区分
生年月日(基準日)
(年齢) R2.4.1現在
無料クーポン券の
発送(交付)等状況
令和2年4月以後の取扱等
S37.4.2〜S47.4.1
(57歳〜48歳)
令和2年3月に
クーポン券発送済
下記受診方法等を参照のうえ、抗体検査を受けてください。
S47.4.2〜S54.4.1
(47歳〜41歳)
平成31年4月に
クーポン券発送済
未受診の方はお手元のクーポン券の有効期限が令和2年3月末となっていますが、有効期限を延長しますので、そのまま抗体検査を受けることができます。
※クーポン券の再発行の他、不明な点については下記までお問い合わせください。


■ 先天性風しん症候群を防ごう
先天性風しん症候群を防ごう  大人になって風しんにかかると重症化することがある他、妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。この病気にかかると、先天性の心臓の病気、眼や耳に障害をもって生まれてくることがあります。赤ちゃんを守るためにも、まずは抗体検査を受けましょう。抗体検査の結果、十分な抗体がない方は、予防接種を受けましょう。


■ 受診方法等
   抗体検査については、職場の健康診断や特定健診時の他、下記の病院で受けられます。 また、幡多健診センター(宿毛市)や高知検診クリニック(高知市)などで人間ドックを受診する場合でも、受診時にクーポン券を提出すれば抗体検査が同時に受けられます。(医療機関等へは事前に予約をお願いします。)
  ※ 市外の医療機関で抗体検査、予防接種を希望する場合は、厚生労働省ホームページ(風しんの追加的対策について)でご確認ください。


四万十市実施医療機関
医療機関名 電話番号 住 所 抗体
検査
予防
接種
大野内科 37−5281 渡川1丁目1-3
小原外科肛門科胃腸科 35−0108 右山元町3丁目3−15
木俵病院 34−1211 中村一条通3丁目3−25
さくらクリニック 35−2555 古津賀4丁目63
四万十市国保西土佐診療所 52−1011 西土佐用井1110−28
四万十市立市民病院 34−2126 中村東町1丁目1ー27
四万十診療所 37−6920 具同2882−1
竹本病院 35−4151 右山1973−2
中村クリニック 34−5100 中村大橋通7丁目1−10
中村病院 34−3177 中村小姓町75
森下病院 34−2030 中村一条通2丁目44
吉井病院 34−5005 中村大橋通6丁目7−5
 

■ 料金
  無料
   
■ 必要なもの
  ・クーポン券
・受診票
・本人確認ができるもの(免許証、マイナンバーカードなど)
   
■ 注意事項
 

 他市町村へ転出した場合は、四万十市発行のクーポン券は利用できませんので転出先の市町村で新しいクーポン券の交付を受けてください。転出後に四万十市のクーポン券を利用された場合は、検査費用がかかることがありますのでご注意ください。
 クーポン券の再発行の他、不明な点があれば下記までご連絡ください

   



【問い合わせ先】

(本庁)健康推進課 地域保健係
(総合支所)保健課 保健係
電話34−1823
電話52−1132

「歯科口腔検診」のご案内!
戻る